【迷子】認知症の老人探しにAirTagは使えるのか【徘徊】

インプレ
この記事は約27分で読めます。

認知症などで、一人で行動出来ない家族がいる人は多いと思います。

うちにも認知症の母親がいて、少しづつですが家への帰り道がわからなくなることが多くなりました。

本人は自覚がないので、帰り道がわからなくなる心配は全くしていません。

例え近所であっても、実際にどっちへ向かったら家にたどり着けるのかわからないことがたまにある。それでも気軽に散歩に出かけます。

そこで何か対策はないかと考えたところ、たどり着いたのはAppleのAirTag。

ここ数ヶ月、母親にAirTagをつけています。実際に大いに役に立ったこともありました。

同じような状況で何か良い方法はないか、または具体的にAirTagを考えている人も多いと思うので、実際にどうなのかをレポートしてみます。

AirTagはこんなやつ

AirTagとはAppleの製品で、下記のような丸くて小さい、500円玉より一回り大きく、少し厚みのあるサイズの、スマートタグと呼ばれているモノです。

AirTagのサイズ
  • 直径 31.9mm
  • 厚さ 8mm
  • 重さ 11g

本来は鍵や財布につけておくことで、スマホから操作してAirTagから音を出したり、アプリの地図上で場所を特定して、紛失物を簡単に見つけるためのもの。

AirTagの場所を表示する「探す」アプリの地図。日本語表記も可能。

これを迷子になった人探しに使ってみようというわけです。

これ使える!

まず結論を書くと、

Nobu
Nobu

これ使えるぞ!

AirTagはリアルタイムで位置情報を表示出来ないので完璧ではないですが、十分役に立ちます。迷子になって、自分ではどうしようも出来ない人を探せます。

AirTag本体も安いです。

iPhoneなどのApple製品を持っている前提ですが、AirTag自体は3,800円。月額料金も発生しません。AirTagを買って自分のAppleIDと紐付け、探したい人に持たせるだけ。

もしiPhoneを持っていなければ、中古の安いものを手に入れてもいいでしょう。僕はAirTag用に35,000円でiPhone11を買いました。

ただ探しているAirTagの付近に位置情報を送信するシステム上、見知らぬ通行人が持っている他のiPhoneがある必要があります。

ということは、付近に誰もいない田舎や山の中では機能しません。ここがネックと言えばネック。

それでは実際に迷子になった我が家の事例から、どんな風に機能するのかの詳細を書いてみます。

AirTagが役立った事例

帰宅すると家にいない

夜の7時頃、母親の家に到着すると母親がいません。どうやら外出した様子。もう外は真っ暗です。

事前に予想していたので、早速iPad(この時はiPhoneを持っていませんでした)の「探す」アプリを立ち上げます。

すると10分くらい前に、家から歩いて20分ほどの裏路地に母親がいたことになっています。

付近にはスーパーもないので普段はまず行かない場所。歩いていくには結構遠いので、間違いなく意図的に行った場所ではありません。迷っている可能性大。

AirTagの位置情報は「13分前にここにいました」とか、「7分前にここにいました」のように表示されます。この時も10分前くらいの位置が表示されています。

これって本当なのか?と多少疑う気持ちと、もしかしたら家に向かって歩いてくるかもしれないという淡い期待を込めて、次の位置情報に更新されるまで待ってみます。

画像はイメージ

しばらくすると位置情報が更新されました。

なんと、どんどん家から遠ざかっています。

Nobu
Nobu

あらら、だめだこりゃ。。。。

すぐさま車のキーを握りしめて家を出ます。

10分後、母親の最後の位置が記録されている付近のセブンイレブンに到着。再びiPadを出して位置情報を確認。

位置情報が再び更新されていて、もう少し先を歩いている様子。

さっそく車を出発させ、薄暗い歩道を歩いているであろう母親を探しながら、車をゆっくり走らせます。

するとたくさん荷物を持った母親が、ドンドン家から遠ざかっていく方向に歩いているのを発見。

車を停め声をかけると、疲れ切った表情で母親はこちらを見ました。そして無事保護。

本人はどこで何をしていたのかはまったく覚えていないのですが、買い物をしていたことは荷物から判断出来ました。

スーパーのレシートがあったので確認すると、昼の12時過ぎに近くのスーパーで買い物をしています。

ということは、昼の1時頃から夜の7時まで彷徨い歩いていた可能性があるわけです。それは疲れ切るはずです。

リアルタイムの位置情報ではないが見つけることは出来る

今回がAirTagを使って迷子の母親を発見した、初めての出来事でした。

無事に母親を見つけて、家に帰る車の中で、

nobu
nobu

これ、感動的に役に立つ!

と思ったものです。

もしAirTagがなければ、自分で車を走らせながら当てもなく何時間も探したでしょうし、最終的には警察に捜索願いを出すことになったはずです。

町内放送で、捜索願いの放送をしたかもしれません。

母親本人にしてみても一晩中歩くことになるわけで、相当に不安でしょうし、最終的には誰かに助けを求めたかもしれません。

それが30分もしないうちに発見出来て、家に連れて帰ってこれたわけですから、その違いは雲泥の差。

結局それほど人通りの多くない暗い夜道で発見したのですが、それでも付近のiPhoneなどが母親のAirTagを検知して情報提供をしてくれていました。

意外と広範囲というか、すれ違う通行人だけでなく、付近を走行している車や民家の中にあるiPhoneくらいなら、AirTagを検知してくれるのではないかと感じています。

外出中も監視できる

僕が母親と離れた場所にいるときでも、たまにiPhoneの「探す」アプリを眺めることで自宅にいる母親を監視出来ます。

母親が外出した場合、地図上の鍵とカバンのアイコンが家から離れていきます。大体どこへ向かって歩いているのかの検討はつきますが、正確なルートがわかるほど更新頻度は高くありません。

母親の外出が判明した場合、家に無事帰ってくるか「探す」アプリでチェック。

nobu
nobu

さて、迷子になってないかな。。。。

あの大捜索事件以来、何度か一人で外出していますが、迷って家に帰ってこなかったことはないです。

本人に外出したのか聞いてもまったく覚えていないですが、見知らぬニラとか玉ねぎがキッチンにあることが外出した証拠。AirTagの情報は正しいようです。

定期的にアプリをチェックするのも面倒なので、母親が突然外出した場合にアプリから通知が来る設定が出来たら良いなと思うのですが、今のところ出来ません。

本来AirTagはモノに取り付けるものなので、AirTagが自ら移動していくことは想定外のようです。

しかしAirTagをどこかに忘れて来た場合に、通知が来るような設定は出来ます。

「探す」アプリ
「探す」アプリ

あんた!財布を忘れてきたわよ。

財布やカバンなんかにAirTagを付けるなら便利そうですが、人には使えません。

どうしてAirTagの場所がわかるのか

どうしてAirTagの場所がわかるのか疑問に思う人もいると思うので、その仕掛けを簡単に書いておきます。

仕組みは単純。AirTagはBluetooth信号を発しています。AirTagの機能はこれだけ。

AirTagから発信したBluetooth信号は、10mから20mほどのごく狭い範囲にだけ届きます。

AirTag自体にはGPSで位置情報を取得したり、インターネットやモバイルデータ通信でどこかに情報を送信する機能はありません。

一方、iPhoneなどのデバイスには、GPSやwifiなどで自らの位置情報を持つ機能があります。

  • AirTagはBluetooth信号を発信しているだけ
  • iPhoneなどのデバイスはGPSやwifiで位置情報を取得出来る

AirTagから送信されたBluetooth信号を、付近のAppleデバイスがキャッチします。

AirTagの信号をキャッチしたデバイスは、自らの位置情報をwifiやモバイルデータ通信を経由してiCloudと呼ばれているデータサーバーに送信します。

iPhone
iPhone

ここにAirTagがあるわ!

そのiCloudに送られた位置情報を、AirTagと同じAppleIDを持っているiPhoneやiPadなどにインストールされている「探す」アプリで確認出来るわけです。

もう少しわかりやすく、例え話で説明してみます。

迷子(AirTag)が泣いています。迷子は自分の居場所もわからないし、電話も持っていません。

その泣き声(Bluetooth信号)を聞いた近くの優しい人(iPhone)が警察(iCloud)に迷子の居場所(位置情報)を電話で通報します。

警察は家族(同じAppleIDのデバイス)にだけ、その居場所を教えてくれるという感じ。

ちなみにAirTag内蔵のスピーカーから音を鳴らすのもBlueToothを使っているので、Bluetoothが届かない場所にあるAirTagから音を鳴らすことは出来ません。

問題点

AirTagの問題点について考えてみます。

iPhoneやiPadを持っていないと使えない

AirTagはiPhoneやiPadがないと使えません。なぜならAirTagを探すことが出来る「探す」アプリが、Apple製品にしか対応していないから。

「探す」アプリは、Androidでは動作しない。

それにAirTagの位置情報をiCloudに蓄えたり、他のデバイスと共有するのにAppleIDを使っているので、自分のAppleIDを持っている必要もあります。

macOSでも「探す」アプリは使えますが、実際に迷子を捜索するときにデスクトップやノートブックを持って出かけるのは大変。

ですので、iPhoneかiPad、出来ればiPhoneを持っていた方が小さくて便利です。

現状Apple製品を持っていない人、または持っていてもiPhone5などの古い製品の場合、新たにiPhoneを手に入れる必要があります。ここは人によってはハードルになりそうです。

AirTagが使えるApple製品はどれか

AirTagが使えるApple製品を持っていない場合、どのApple製品を手に入れれば良いのか。

どれでも良いわけではなく、古いモノだとAirTagは使えません。

中古を探すのが面倒で金銭的に余裕のある人は、サクッと最新の機種を手に入れてください。最近僕は中古を探して値段を比較することが時間の無駄に感じて仕方ないです。

それでも節約したい人は多いでしょう。

その場合は誰かのお下がりでもいいし、中古で問題ありません。僕も貧乏性なので、結局は時間をかけて安い中古を探してしまいます。

AirTagを見つける「探す」アプリが動作するデバイスは、iOS14以降、iPadOS、macOS Catalina以降がインストールされている必要があります。

John
John

iPhoneであればiPhone 6s以降だな。

中古でデバイスを手に入れる場合は、「探す」アプリが使えるかどうかをよく確認してください。あまり古いデバイスだとバッテリーが寿命で、バッテリーが短時間しかもたないこともあるので、ここも注意が必要。

「探す」アプリの前は「iPhoneを探す」というアプリだったのですが、それだとAirTagは探せません。「iPhoneを探す」アプリは、AirTagが発売される前のアプリです。

  • 「探す」アプリはiOS14以降、iPadOS、macOS Catalina以降が必要
  • iPhoneならiPhone6s以降

Apple公式サイトのここで、どのOSアップデートがどのデバイスで使えるのかの確認ができます。アップデートが適用されるということは、そのOSがインストール出来るという事です。

中古のiPhone11を購入

僕は元々Androidスマホを使っていました。ですので、自分のスマホではAirTagは使えませんでした。

iPadは2台持っていて、一つは初代iPad Airで最終のiOSバージョンは12.5.5。これ以降にはアップデート出来ないので、このiPadでもAirTagは使えません。

もう一台は最新のiOS15.5が使えるので、しばらくこれでAirTagを探していました。

しかし外出するたびにiPadを持って出かけるのは大変なので、最近中古のiPhone11をヤフオクで入手。35,000円(税無し)。

iPhone11を選んだ理由は、「正確な場所を見つける」機能を使いたかったからです。この機能については後述します。

外出先から手軽にAirTagの動きを見たい場合は、持ち運びの手軽さからiPhone一択でしょう。iPadをリュックに入れて運ぶのは重いですし、常に持ち歩くのは現実的ではありません。

付近にiPhoneがないと役立たない

付近に誰もいない農地や山の中では、システム上AirTagは機能しません。ここがAirTagの最大の弱点。

こういう地域に住んでいる人は、セルラー版のApple Watchが使えます。

2021年10月からスタートしたauのウォッチナンバープランを使えば、月額385円でApple Watchを独立した携帯電話として使えます。

自分と位置情報を共有することで人気のない農地でもApple Watchの位置を特定できるだけでなく、Apple Watchと通話も出来ます。

ウォッチナンバーについては、au公式ページのここを参照。

Apple Watchの弱点は2日に1回くらいは充電しないとならないことと、AirTagと比べて重量が少し重いこと。それに新品で買う場合、安いApple WatchSEで大体37,000円からとAirTagよりも高価です。

位置情報がリアルタイムではない

例え15分前の情報でもないより遥かにマシ!

もう一つは、位置情報がリアルタイムではないところでしょうか。

それでも誰もいない田舎や山の中で無ければ、役に立つくらいには頻繁に情報が更新されるので無いよりは遥かにマシ。

例え15分前の情報でも、「15分前にそこにいた!」という情報があるだけで、大いに役に立ちます。

AirTagはふたつ以上の方が精度が増す

出来れば、AirTagはひとつではなく、ふたつ持ってもらった方が良いです。

母親はいつも鍵とカバンに付いているふたつのAirTagを持って外出するのですが、「探す」アプリの位置情報を見ていると、意外と鍵は検知したけどカバンはしていない、のようなムラがあります。

ふたつ一緒に移動しているというよりも、バラバラに位置情報が更新されていく感じ。

例えば9分前に鍵はこの場所にあって、15分前にカバンがこの場所、のようにです。

カバンは6分前の位置、カギは2分前の位置

AirTagをふたつ以上持っていれば、どれかは付近のiPhoneが検知してくれるので、さらに居場所の精度が増します。

いかに身につけさせるか

認知症などの人がひとりで外出するときに、自分で

おばぁちゃん
おばぁちゃん

迷子になるからAirTagを持たなきゃ。

と、AirTagを持って出かけることはまず無いでしょう。

これはAirTag自体の問題では無いのですが、どうやってAirTagを持って外出してもらうか。ここは一つ問題になると思います。

うちの母親の場合、外出するときには必ず「鍵」「カバン」を持って出かけます。

これは認知症ではない頃からの習慣です。

鍵をかけなければ外出出来ませんし、カバンは財布などの大事なものが入っています。

例えゴミしか入っていなくても、カバンはとにかく”大事”なので必ず持って出かけます。

僕が鍵とカバン、両方にAirTagを付けているのは、今のところ両方とも持たないで出かける可能性がかなり低いから。

もし何も持たないで出かけてしまうのであれば、ズボンのベルトループにAirTagをくくり付けておくのも一つの方法ですね。

鍵にAirTagをつける

ちなみに写真のAirTagのケースはこれです。

2個セットで安かったので買ってみました。買ってからちょうど一年になりますが、今のところ不具合はないです。

ちょっと値段が高い?

AirTagの値段は一つ3,800円。4つまとめて買うと12,800円で2,400円ほど安くなります。

値段は変わるかもしれないので、直近の値段はここで確認してください。

鍵とかカバンにくくり付けるなら、ケースなどの小物がさらに必要になるので、大抵の場合一つ4000円は超えることになります。

Apple製品らしく少し高い気もします。しかし果たす機能から考えると十分安いと思いますが、どうでしょうか。

アンドロイドのスマートタグはどうなのか

AirTagのような製品をスマートタグというのですが、アンドロイドにもTileなどのスマートタグ製品がいくつかあります。

Androidのスマホしか持っていない人は、気になりますよね。

通りすがり
通りすがり

同じなんじゃないの?

一見AirTagと同じように使えるかと思うのですが、Androidスマホ用のスマートタグは実質、スマホでタグ内蔵スピーカーから音を鳴らして、音でモノを探すためのものです。

位置情報も取れなくはないですが、AirTagに比べると使えません。

なぜか。

Androidのスマートタグも、仕組み自体はAirTagと同じような感じ。

決定的な違いは、スマートタグに付随するアプリがスマホにインストールされていないと位置情報を検知してくれないところ。

色々な会社からAndroid用のスマートタグが発売されていますが、それぞれの会社が独自に開発したアプリがインストールされたスマホが付近にないとダメだということです。

例えば人気のあるTileというスマートタグを使うとします。

このスマートタグの位置情報を取得するには、付近に通行人などが持っている別のAndroidスマホが必要で、さらにそのスマホにはTileのアプリがインストールされている必要があります。

これだと数がかなり少ないので、なかなかAirTagのように位置情報が取得出来ない。

AirTagの場合、AirTagの位置情報を検知するためにiPhone等に特別なアプリをインストールする必要がないため、すべてのiPhoneなどのApple製品がAirTagを検知出来ます。

Tile社はタクシーや駅にデバイスを置いてスマートタグの位置情報を取得する試みをしていますが、なかなかAirTagのように数分ごとに位置情報を更新してくれるまでには至らないようです。

ひどい場合は、人通りの多い街中でも数日間位置情報が更新されないことも。

ですので、一刻を争う迷子を探す場合には、現状AirTag一択です。

他の利点

家の中の探しモノを即座に見つけられる

自宅の鍵にAirTagを付けているのですが、この鍵がよくなくなります。

まぁ当たり前で、カギを適当にその辺に置いたり、どこかに入れたりしますが、そのことを本人が一瞬で忘れるわけです。

一緒に外出するときに鍵を探すわけですが、どこにあるのか見当もつかない。

すぐにiPhoneを出して「探す」アプリを立ち上げ、まずはAirTagに内蔵されているスピーカーから音を鳴らしてみます。

なんとなく微かにどこかで鳴っているようですが、すぐはどこだかわからない。

次は「正確な場所を見つける」機能を使います。

アプリがAirTagをサーチし始めます。すぐに接続しない場合は、あちこちにiPhoneを向けながら移動してみます。

試しに天井にiPhoneを向けると、距離が縮まるので2階かもしれません。

「正確な場所を見つける」の画面。日本語表記も可能。

階段を上がっていくとiPhoneの画面がグリーンになり、鍵までの距離がどんどん縮まります。AirTagを正面にとらえると、画面がグリーンに。

AirTagに向かって近づいていくと、画面がグリーンに。

再び音を鳴らします。

部屋の中で音は鳴っていますが、やはりすぐにどこだかわかりません。「正確な場所を見つける」で方向と距離を確認。iPhoneをあちこちに向けて、距離が0mになるまで探ってみます。

アプリが「ここ!」という場所は、どうやら洋服の山の上にあるフリースのポケットの中。

ポケットを探ると、見事に鍵が出てきました。

たまにこうやって探すと、奇想天外な場所からカギが出てきます。

AirTagの音だけでも、耳を澄ませば、大体この辺かな?と検討はつきます。しかし「正確な場所を見つける」機能を同時に使うともっと早い。

もしAirTagがなければ20分くらい鍵を探して、結局見つからずに諦めるところ。それが1分ほどで見つけることが出来るわけです。

これ、かなり便利ですし、探し物を見つけるのが面白い。

nobu
nobu

ない?よし、一瞬で見つけるよ!!

「正確な場所を見つける」機能はiPhone11以降で使えます。

この機能はiPhone11以降に搭載されているU1チップが必要なので、iPadやその他のデバイスでは使えません。

バッテリー

AirTagは、簡単に手に入る汎用のボタン電池を使用しています。

AirTagのバッテリー

電池は1年くらいは使えるようです。「探す」アプリで電池の残量も確認出来ます。

電池を簡単に交換出来るので、AirTagが壊れるまで使えそうです。

「正確な場所を見つける」は人間を探せるか

先ほど「正確な場所を見つける」が便利と書きましたが、では迷子を探すのに役に立つのでしょうか?

残念ながら「正確な場所を見つける」機能は、人間に対しては役に立ちません。

というのは、探せる範囲が10m前後からと非常に狭いから。

それにコンクリの壁などの障害物が間にある場合も、AirTagを検知しません。

実はショッピングモールで僕が買い物中に、母親が行方不明になったことがありました。

nobu
nobu

ちょっとここで待っていて。買い物してくるから。

と店の外で待っていてもらったのですが、そのうちどうしてここで立っているのかがわからなくなり、僕を探して歩き始めたようです。

建物の中だとAirTagの位置情報も役に立たないので「正確な場所を見つける」機能が役に立つかと少し期待しました。

試しに使ってみましたが、全くダメでした。

10mというのは、実は非常に狭い範囲。

ショッピングモールなら、10mはすぐそこと言えます。すぐそこにいるのであれば、人間みたいな巨大な物体は目視で探した方が早い。

スーパーマーケットに買い物に行ったとき、母親がひとりで勝手にトイレに行ってしまうことがあります。

当然、スーパー内をあちこち探すことになるのですが、せめて「正確な場所を見つける」でトイレに入っているかどうかが外からわかるなら役に立つかとも思ったのですが、それも無理なようです。

ドアの外からAirTagに「接続」だけでもしてくれれば、中にいることはわかるのですが、それも無理でした。

「正確な場所を見つける」は鍵のような小さいものを家の中で探すのなら非常に役に立つ機能ですが、巨大な建物内で迷子を探すには向いていません。

まとめ

見知らぬ人に車で送ってもらったり、警察に送ってもらったりして、徐々に迷子になることが多くなってきた母親。

見守りサービスは各社いろいろとありますが、本人に持たせなければならない発信機が昔の携帯電話のように大きかったり、月額料金が発生したりして、なかなか良いものがありませんでした。

その中でこのAirTagはAirTag自体の大きさといい、手軽さといい、月額料金がかからないことといい、現状とても使える良いサービス。

位置情報もリアルタイムではないにせよ、探せば簡単に見つかる範囲でわかります。

農地や山の中であればAirTagは役に立たないので、Apple Watchのセルラー版を検討しましょう。

迷子になったお年寄りの情報が、町内放送でたまに放送されています。

これだけ便利な世の中になっても、相変わらず迷子になる人がいる。

便利なモノがあっても知らなければ使えないわけで、やはり情報は大切。迷子の町内放送が激減する手助けになればと思います。






Image by ThuyHaBich from Pixabay

コメント

タイトルとURLをコピーしました