チャコのサンダルを4足履いてのレビュー

others
この記事は約6分で読めます。

テバのサンダルを2足履いた後にチャコのZ1を見つけて連続で3足履き潰し、今4足目を履いています。そろそろZ1のレビューをしてもいいかなと思い、どんな感じなのかを書いてみようと思います。

チャコのサンダルを4足履いてのレビュー

一足は捨ててしまっていて、右上は母親のウィメンズ ZX1ヴォルブ。左下はZX1クラウド

どれ履いてたの?

基本的に4足ともZ1で3足はクラシックという普通のZ1です。今履いている4足目はZX1クラウドというストラップが2本になっていて、しかもフットベッドが少し柔らかいモデルです。

Z2をなぜ選ばないのかは、現状Z1に満足していますし、親指を固定する必要もあまり感じません。Z2のレビューで親指の内側が擦れて痛くなるというのも見たことがありますし、なるべくシンプルな方がトラブルも少ないでしょうから、シンプルイズベストということでZ1を買い続けました。

ただ、友人がZ2を履いているのですが、親指が擦れて痛いということは聞いたことがないです。僕もちょっと履いてみたい気もしますが、Z1に満足しているので、好奇心だけで1万円はなかなか出せませんね。

どんな履き方?

僕はこの手のスポーツサンダルが好きで真冬以外の春から秋にかけてはいつもサンダルを履いています。素足にサンダルはとても爽やかで気分がいいですよね。自宅で仕事をしているので、外出する時はいつもサンダルです。

ですので、かなりのヘビィーユーザーです。しかも一時期毎日のようにこのサンダルを履いて3時間ほど散歩していましたし、それ以外にも一駅くらいなら歩いていたので相当に酷使した方だと思います。一番多く歩いている時期は、すぐにソールがすり減って2年は持たない感じでした。1年半くらいの寿命でしょうか。それでもチャコのソールはかなりしっかりとしたソールで、1年半しか持たなかったZ1はビブラムソールでしたので、他の柔らかい貧弱なソールでは一年持たなかったかもしれません。

今は歩く距離も大分短くなりましたので、今履いているZX1も3年くらいは持ちそうな気がします。全然歩かない人はもっと持つと思います。結局はソールの減り方ですので。それ以外の部分が壊れたことはありません。

東南アジアのように暑くてラフな格好が似合う国を旅行するなら、このサンダルはおすすめです。旅をするということは長時間歩くことが多いと思いますが、このサンダルは見事にそういう要望に答えてくれます。

最後はどうなっちゃうの?

このZ1はまだビブラムソールの頃で、ソールの爪先部分が剥がれた状態

最初は母子球あたりのソールが減って薄くなり、横に割れます。それでも履き続けるとフットベッドの中を通っているストラップが顔を出します。それでも履き続けると写真のように爪先辺りのソールが剥がれて終了という感じです。

どうして同じものを何度も買い続けるの?

これを買う前にはテバを2足履いたのですが、ストラップが厚くて硬く、足に擦れて痛くて長時間歩く気がしませんでした。擦れて痛いからストラップをギリギリまで緩めて履いていました。そうするとフィット感が無くなりますよね。その辺を常に探っている感じでした。このサンダルは歩く感じがとても気持ちいいので、他のサンダルを履いてみるという冒険をしたくないです。それだけ満足しているということですね。

そもそもスポーツサンダルで長時間歩く人というのはあまりいないのかもしれませんが、僕のライフスタイルですとそういうサンダルが必要なわけです。そこでチャコのZ1を試したところストラップが薄くて柔らかいので履き心地が良く、長時間歩いても問題なかったわけです。正直スニーカーよりも僕は履き心地がいいと思います。足が蒸れないのもそうですが、薄い柔らかなベルトで足を固定し、それ以外の部分は全くフリーですのでどこにも当たらない気持ち良さがあります。

Z1クラシックとZX1クラウドの違い

Z1とZX1の違いは、ストラップが1本から2本になっていて、クラウドというのがフットベッドがクラシックに比べると柔らかいということのようです。多分クラウドは雲のクラウドで雲のように柔らかいということでしょうか。

さて実際の違いですが、正直わかりません(笑)。なんとなく値段と見た目でZX1クラウドを買ってみたのですが、ストラップが2本なのは見てわかりますが、フットベッドが柔らかい仕様というのはこの記事を書くにあたって調べたときに初めて知りました。

え?そうなの?と思って実際に履いてみて普通のZ1と比べてみたのですが、それでも違いがわかりません。こっちの方が柔らかいと思い込んで比べると確かにそんな気もしますが、言われなければ気がつかないレベルです。

そもそも普通のZ1でもフットベッドが硬いと思ったことがないので、特に柔らかい仕様のフットベッドは必要ない気がします。そうすると見た目だけで選んでもいいかなと思います。ただ、わざわざそういう仕様を作るというのは、何か経緯というか理由があるのかもしれません。もしかしたら長時間歩き比べると違いが出るのかもしれませんが、僕は気が付きませんでした。

ストラップが2本なのも履き心地的には違いが無いように思います。ただ、ストラップを締める時に2本のうち、どちらかだけが締まってしまって、どちらかが多少ゆるいみたいなことが起きたりするので、1本のZ1より多少調整が複雑になる気がします。ただ、2本の方がデザイン的には好きなので僕は満足しています。

Z1ってそんなに完璧なの?

完璧に近いですが、完璧ではないです。では何がマイナスかというと、僕の場合、かかとの外側部分が多少フットベッドの反り上がり部分に当たることがあって、擦れて痛いときにはワセリンをつけていました。

今では皮が厚くなったみたいで痛くなくなったのですが、日本人の足には多少フットベッドが細身に作られている可能性はないことはないですね。ただ、レビューで僕と同じことを書いている人を見たことがないので、僕のかかと部分の幅が多少広いのかもしれません。今ではもう問題なくなったのですが。

かかとの外側に当たる反り上っている部分

履き方のコツ

ストラップをギュッと締めるとフィット感が増して良いように思いますが、それですとやはりストラップが当たって痛いことがありますので、多少緩めにした方がいいと思います。ギュッと締めて、その後に多少緩くするみたいな感じですね。

爪先の方もあまり締めすぎない方がいいです。痛くないギリギリのところまで締めるという感じでしょうか。

サイズ選び

サイズは普通の日本の靴のサイズでいいと思います。爪先とフットベッドがツライチのぴったりサイズを選ぶとかっこいい、みたいな記事をよく見かけますが、何かに爪先をぶつける可能性があると思うので、車のバンパーのように多少前にフットベッドが張り出していた方がいいと思います。

僕は普段27cmの靴を選ぶことが多いのですが、このサンダルでもUS9(27cm)で大丈夫でした。これですと爪先部分に1−2cmほど出っ張りがありますので爪先を何かにぶつけることも少ないと思います。実際に何かにぶつけて痛くて飛び上がった経験はないです。

Z1の27cmを履いたところ

僕は今US10(28cm)のZX1クラウドを履いているのですが、これですと爪先部分は1.5cmから3cmほどの出っ張りになってさらに爪先をぶつけ辛くなると思いますが、多少出っ張りが多いかな、という気もします。普通のスニーカですとぶかぶかということになりますが、このサンダルですとストラップを締めれば問題ないですし、引っ張って余ったストラップが地面に着くという事もないですね。

ZX1の28cmを履いたところ

最後に

もし長時間歩いても大丈夫なスポーツサンダルを探しているのであれば、Z1はおすすめです。ストラップもお洒落なデザインがありますしね。

リンクを貼っておきます。

[チャコ] サンダル Z1 クラシック メンズ

[チャコ] サンダル Z1 CLASSIC レディース

[チャコ] サンダル ZX1 クラウド メンズ

[チャコ] サンダル ZX1 CLASSIC レディース

コメント

タイトルとURLをコピーしました