アライ ツアークロス3を4年半使ってのレビュー

Motorcycle
この記事は約20分で読めます。

アライ ツアークロス3を2015年11月に購入して4年半使ったのでレビューします。

僕はスズキのDR-Z400SMというモタードに乗っているのでオフ系のメットを探しました。僕はアライが好きで、アライだとこれか、Vクロス4のどちらかです。

初めてのオフ用メットだったので、シールドはあった方がいいかなぁ、というなんとなくの思いでツアークロス3を買いました。色は艶消しの黒にしました。

買ってから4年半経ちましたので、使っていくうちに色々と変化がありました。というのは、このツアークロス3は、使用状況や好みによって色々とスタイルに変化を付けられます。

さらに今では音楽を聞いたり、インカムで通信しながらバイクに乗るのは普通ですので、スピーカーをどうやって仕込んだのかも書きましたので、参考にしてください。

アライ ツアークロス3を4年半使ってのレビュー

総評

全体のレビューですが、アライですから不満はないです。かぶり心地は、ほっぺたをギュッと締め付ける感じではなくて、ほっぺたの下というか顎の部分をチークパッドで下から支える感じで最高ですね。グッと締め付けられるような圧迫感は皆無です。

ヘルメットの頭を入れる開口部を手で左右からグッと押してみても、他のメーカーのものよりシェルがしっかりしていて硬いですし、安心感があります。

ヘルメットは実際にクラッシュした時に威力を発揮するものです。幸い事故にはまだあっていませんので、事故の時に頭が割れるかどうかのレビューは出来ません。あしからず(笑)。

ベンチレーションも豊富に付いています。この辺は他のアライのヘルメットと同じですね。不満はないです。

このヘルメットの最大の特徴はバイザー、シールドを付けたり外したりして色々と変化を楽しめるところです。僕の場合でいうと、最初はバイザーを付けてシールドを外してゴーグルをつけていました。まぁ、普通のオフ車乗りって感じですね。

辿り着いた最終形

結局はバイザーも外して、約4年の間、ほぼ下の写真のようなスタイルで乗っています。ベルのモト3の現代版って感じで悪くないと思いますし、アライが作っているので被り心地も安全性もバッチリです。街中を走る現代のスーパーモトには合っていると思います。

100%のBarstowとの組み合わせ

100%のゴーグルBarstowと。このゴーグルはメガネも使えてお気に入り

アメリカの100%のゴーグル、Barstowとの組み合わせ。

ついでなので、このゴーグルのレビューも少し。

このゴーグルは、デザインがビンテージや街乗り用という感じでかっこいいです。ド派手なモトクロス用のゴーグルではなくて、もっとシックで洒落たものが欲しいという人にはいいと思います。

スワンズのメガネ対応ゴーグルMX-797と一緒くらいの大きさなので、メガネもかけられます。メガネをかけている人は多いですが、メガネ対応のゴーグルは少ないので貴重ですね。

ただ、走っている間に顔との隙間から虫が入ってきたり、ベルトとゴーグルを繋いでいる部分が切れたりと出来はイマイチ。その辺は日本のスワンズの方がいいですが、カッコ良さはこっちです。

ちなみにアマゾンでも売っていますが、偽物もあるので注意してください。

下の偽物はロゴまでコピーしていたのですが、最近GOHANというオリジナルブランドにしたようです。値段は3,500円ほどと本物の1/3。ディテールは違うようですが、Barstowのオリジナルレンズを装着出来るようなので、かなり似せているようです(笑)。

スワンズMX-RUSHとの組み合わせ

スワンズのゴーグルと

スワンズのRUSHとの組み合わせ。

このゴーグルはフィット感がいいです。海外ブランドと違って顔との間に隙間が出来ないので、虫とかゴミが入らないです。長持ちする作りにもなっていて好感が持てます。

全く同じモデルはもう無いみたいなので、新しいRUSHのリンク貼っときます。

内装

内装ですが、多分他のアライと同じで比較的いつもさらっとしていて、気分いいです。夏場は、特にチークパッドは取り外して定期的に洗った方がさらっとした感じが蘇って気持ちいいですね。チークパッド以外の部分も全て取り外して洗えます。

スピーカーを仕込む

ヘルメットの中にスピーカーを仕込む場合ですが、このヘルメットはスピーカーを仕込むことはあまり想定していません。ですので、自分で工夫して入れる必要があります。

作業としてはチークパッドのカバーを一旦半分ほど剥がして、耳が当たる部分にスピーカーを入れて、再びチークパッドを元に戻す感じです。

僕はオーディオテクニカの1000円くらいの安いヘッドフォンを買って、耳にひっかける部分を取り外してヘルメットの中に仕込んでいました。これをBluetoothレシーバーに接続して、スマホとつなげるわけですね。

Bluetoothレシーバーはこんなやつを買いました。100円ショップでテープで貼り付けられるベロクロを買ってきて、ヘルメットに貼り付けていました。特に問題なく2年半ほど使用しました。最後は電池が寿命で1時間半おきに充電しなければならなくなり、買い換えました。

左右のスピーカーを繋ぐコードは、内装のフリップのような部分に入れれば問題ないです。

スピーカーの位置が微妙にズレると音が悪くなりますし、耳を圧迫すると痛くなりますので、スピーカーの位置はとても大事です。

人によって最適な位置は違うので、この位置決めは試行錯誤が必要です。このスピーカーは音が悪いと文句をいう人が多いですが、大抵はスピーカーの位置が適切ではないと思います。

まず耳にヘッドフォンを直接当てて本来の音を確認して、その音に近い音をヘルメットの中でも実現出来るように位置を動かしてみてください。

前後左右もそうですが、チークパッドのスポンジを剥がしたり、逆にスポンジを増したりしてスピーカーの高さも変えて位置を決めてください。

僕はスピーカーを固定しないで使っていました。すると、ヘルメットの脱着でスピーカーの位置は微妙に変わってしまいます。ですので、毎回微妙にスピーカーの位置を調整してヘルメットを被っていました。

この方法で慣れてしまったのでそれほど不便を感じませんでしたが、人によっては面倒に思うと思います。その場合は、何かしらで位置を固定した方がいいかもしれません。

ヘッドセットを仕込む

マイクが欲しくなって、今度はBluetoothが内蔵されたマイク付きのヘッドセットを取り付けました。アマゾンで3,000円くらいで売っているやつですね。これをヘルメットに取り付けるには、さらに少し工夫が必要でした。

まず、先ほどのオーディオテクニカと比べるとスピーカーに厚みがあるのでスポンジを結構剥がしました。

右の耳のほうが圧迫されていたので、右側はスピーカーが入る部分のスポンジを無くして、発泡スチロールに乗っている状態です。これでスピーカーが少し低くなり、耳を圧迫せずに済みました。

ただ、いい音で聞こえる場所で、かつ耳を圧迫しない場所というポイントが難しいです。耳が痛くなるとツーリングの楽しさも激減しますから、音を多少犠牲にしてでも、耳が痛くならない場所を探した方が良さそうです。

マイクですが、コードではなくて、フレキシブルに動く棒状のタイプでしたので、最初は取り付け出来るのか不安でした。

結局内装のカバーを少し切って、そこからマイクを出すようにしました。この状態でマイクも使えますし、スピーカーからの音もいい感じで聞こえてきています。ヘルメットを被っていて頬や顎にマイクの棒が当たるという不快な感じもないです。

このヘッドセットの簡単なインプレですけど、スピーカーからの音は及第点ですね。3,000円ほどと値段も安いですので、そんなにいい音はしないですけど、捨ててしまいたくなるほど軽くて悪い音でも無いです。簡単にスマホに接続しますし、きちんと機能しています。

Facebookのメッセンジャーで音声通話もしてみました。まぁ、なんとか話は出来ますが、音質は安定しませんし時々途切れます。ネットワークやアプリの影響もあるでしょうね。ちなみにグーグルアシスタントは使えませんでした。

常にバイク仲間と話がしたいなら、サインハウスのB+COMのようなものの方がいいかもしれません。電話の着信や、はぐれた時などの必要な時だけ話が出来ればいいのであれば、これでもいいと思います。下にリンクを貼っておきます。

口元にGoProを取り付ける

口元にカメラを付けるのが一番自然な映像が取れますので、口元に付くかな?と考えている人は多いと思います。

口元にGoProは付きますが、工夫が必要です。

このヘルメットには、口元に空気を取り入れるスリットがあります。そこにタイラップを差し込んで固定出来ないか考えました。

その際に、GoPro本体がグラグラしないように固定する必要があります。そこで、GoProを買った時に箱に付いていた、GoPro本体を固定するためのアタッチメントを加工して使いました。

本来は箱に固定して本体をディスプレイするためのものですので、買ったら捨ててしまうものです。それをなんとか台座として使えないかと考えたわけです。

この台座にタイラップを通す穴を作って、ゴムを切って左右にグラグラしないように取り付けて台座は完成です。

上下逆さになっているGoProの文字の上に、左右に二つタイラップを通す穴を開けた

この状態で何度も撮影しましたが問題ないです。必要なくなればタイラップを切れば取り外しも出来ます。

同じような台座を何かで自作すればGoProは取り付け出来ますが、創意工夫が必要なので想像力を発揮して頑張って作ってみてください。

シールド or ゴーグル?

このヘルメットはシールドかゴーグルを選べますので、両方使ってみてどうなのかを少し書いてみます。

人によってはシールド一択で、ゴーグルをする意味がわからんという人もいるのですが、僕はゴーグルにもメリットはあると思っています。

見た目が大きく違うので、どちらが好みかというのがまず最初かなと思います。どっちでもいいよ、という特にこだわりのない方は、事故の場合の安全性を考えるとシールドかな、と思います。

それでも、ゴーグルを使うのも気分が違うものですので、人生に飽きてきたらゴーグルを試してみるのも一興です(笑)。

ゴーグルのメリット

ゴーグルのメリットは気温が低い時の停車時、または例えば10km/hくらいの遅いスピードで走っている時に視界が曇らないことです。

シールドだと吐く息で視界が曇りますので、そこが大きく違います。

あとファッション的な視点で、ゴーグルを変えることでヘルメットの印象をガラッと変えることが出来ます。これは意外に面白いです。

ゴーグルのデメリット

シールドよりも多少視界が狭いと感じる人はいるかもしれません。視界の広さを重要視するのであれば、シールドの方がいいと思います。

外気が直接顔に当たるので冬は寒いと言われていますが、僕は寒いと思ったことはないです。僕は関東南部を主に走っているので、外気温で大体3度とか、それくらいまでの話です。極寒地の場合はシールドより寒いかもしれませんが、僕はそういうアタッカーでは無いのでわかりません(笑)。

シールドのメリット

ゴーグルに比べると多少視界は広いです。

クラッシュして、何かの突起物が顔に当たるようなことを想定した場合の安全性なら、シールドの方がいいと思います。ゴーグルでもある程度顔を守ってくれますが、シールドの方が安全性は高いでしょう。

冬の寒い日に雨が降ってきた場合も、雨粒が入らないシールドの方が冷たくなさそうです。

シールドのデメリット

吐く息で曇るところです。走行風が入らない状況だと、特に寒いときは簡単に曇ると思います。または林道のようなオフロードを走る時のように、遅いスピードで立ったり座ったりバランスを取ったりと、体を大きく使う場合も吐く息や汗で曇ると思います。

このヘルメットのシールドは湾曲がきついので、景色が歪んで見えるかも、、、と思う人もいるかもしれませんが、意外にそれは無いです。意識的に粗探しをしようとチェックしてみましたが、やはり歪みは無いです。

アライもその辺は意識してシールドを作ったと思います。

ゴーグルとシールドを併用した場合

最初の頃はシールドを付けたままゴーグルをしていました。シールドを上に上げた状態でゴーグルをするということですね。必要に応じてゴーグルにしたりシールドにしたり出来ると思ったわけです。

そうすると、ゴーグルを外した時にゴーグルをしまっておく場所が必要です。常にカバンか何かを持っていないと、ゴーグルをしまう場所に困ります。見た目を気にしなければ、ゴーグルを顎の部分に下げた状態でシールドを使うことは出来そうです。

僕はなるべく荷物を持っていきたく無いので、次第にゴーグルを付けっぱなしになり、シールドを使うことはなくなりました。

バイザー

バイザーですが、これって意外と邪魔です。まず視界の上方に常に何か黒いものが覆い被さっている感じで、空が少し見えずらくなります。

僕は視界が広い方が好きなので、上方の視界が遮られるのはちょっと嫌です。バイザーは左右2点止めの可変式で好きな位置に固定出来ます。ですので、上にグッと上げると視界に入らなくなりますが、バイザーが水平から上に向くとなんだかカッコ悪いです。

次に例えば60km/h、またはそれ以上のスピードで後方確認するとバイザーが煽られて首に力が加わります。車線変更するたびに首にグッと力が加わるので、なんだか不快です。

バイザーは、そもそもがモトクロスで前車が巻き上げた泥が、なるべくゴーグルに当たらないようにするためのものです。舗装路しか走らない場合は、意味の無い装備ということになります。ということで取り外してしまいました。

バイザーを取り外すにはTXホルダーという部品が必要で、これは取り外した後の部分をカバーするためのものです。アライからオプションで1,700円ほどで発売されています。

オフメットにはバイザーが必要で、無いと困る、という場合はもちろん付けたままでもいいと思います。ひさしのように太陽を遮るという効果もあると思いますし。ただ、高速などでの車線変更の時は多少注意が必要です。

最後に

今のところ特に不満もなく使っています。あまりヘルメットを拭いたりもしないので、艶消しの感じも依然と変わりないですね。特に買い換える必要も感じないので、まだ使うと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました