秩父【ツーリング スポット】

Motorcycle
この記事は約5分で読めます。

どこかバイクでツーリングしようと考えているんだけど、ルート作るの面倒だなぁ、という人のために僕がいつも走っているグーグルナビのルートをシェアします。僕はバイクで走っていますが、車でも楽しいルートだと思います。

下のリンク先が今回のルートです。タップ(クリック)すると自動でグーグルナビが起動すると思います。さらにグーグルナビに経由地を追加して現在位置に設定し、それを一番上にすれば自分の現在位置からスタート出来ます。

ナビデータ:秩父編

秩父【ツーリング スポット】

概要

今回のルートは秩父から神流湖をグルっと回って帰ってくるルートです。途中に峠道がたくさんありますので、遅い車に引っかからなければ、とても楽しいと思います。神流湖の周りは景色もいいですし、のどかな田園風景もたくさんあります。

東京方面からだと秩父は箱根、道志、奥多摩などの影に隠れて訪れる人も少なめだと思いますが、だからこそ交通量も少なくて走りやすいですし、峠道もたくさんあります。渋滞もないですし、それほど混んでいないので最高です。

秩父でバイク乗りに有名なのは「道の駅あしがくぼ」ですね。この周辺はバイクが多いですが、小鹿野町から神流湖方面へ向かうと段々と交通量が少なくなっていきます。それでも週末になるとそれなりにツーリングの車両は多いです。

各経由地に到着する度に一度ナビゲーションが終了して、このまま続けるか?と聞いてくるので、続けるを選択してください。

経由地間はグーグルナビが自動で描いたルートなので、もしかしたら渋滞や通行止めで僕が意図したルートではないルートが描かれている可能性があります。

各ルートや経由地の説明も兼ねてセクション毎にスクショを貼っていきますので、一応僕が意図したルート通りに描いているかどうか確認して下さい。

道の駅おがわまち ー 彩の国ふれあい牧場(秩父高原牧場)

「道の駅おがわまち」から出発して昔ながらの日本の家屋の間を緩やかに右へ左へと曲がりながらゆっくりと走って行きます。途中からのどかな田園風景へと変わっていくのですが、途中下記のリンク先の小内自動車販売の前あたりで、ごくたまにネズミ捕りをしています。

ネズミ注意ポイント

「落合橋」の信号を左へ曲がります。真っ直ぐに進むと人気のある定峰峠へと続きますが、定峰峠は木々の中を走っていく峠道で薄暗く、路面も水や砂で滑り易くなっていたり減速帯があったりしますので、僕は今回のルートの「橋場」の信号を右に曲がり「彩の国ふれあい牧場」へ向かうルートが好きです。

ちなみに定峰峠に行く場合は、途中に「はな」という小さいカフェがありますので休憩におすすめです。

はな

彩の国ふれあい牧場へ向かう峠道は三沢坂本線という名前で、比較的急勾配の登り坂で細かいカーブが続きます。途中、民家の間を走ってきますので人や騒音に気をつけて下さい。

出発してから30分しか経っていませんが、ふれあい牧場で休憩してもいいと思います。山の頂上にあるので景色もいいですし、山羊や羊を撫でたりすることが出来て、ソフトクリームも売っています。

軽食もありますが、きちんとしたレストランはありません。トイレももちろんあります。

彩の国ふれあい牧場 ー 道の駅 万葉の里

ふれあい牧場から山を下って行って神流湖を目指します。

セブンイレブンを経由しますが、セブンイレブンの先はちょっとした峠道です。峠道を超えるとしばらく田舎道を走っていきます。途中、ニ松菴という蕎麦屋があって、店の前が広々としているのでバイクを停めやすくて良いのですが、丼物は無いようなので、ご飯が食べたいなら違うところがいいですね。

神流胡の周りの国道462号は楽しい道です。湖(ダム)の周りを走るという意味では奥多摩湖の周りの国道411号と同じような位置付けですが、462の方がカーブが少し緩やかなのでスピードが速いですし交通量も少ないです。

景色はこちらの方が開ていて明るい感じなので僕はこっちの方が好きですね。道路と湖との高低差も462の方がある感じがします。

30分ほど神流湖と神流川沿いを走ると「道の駅 万葉の里」へ到着します。ここは「道の駅あしがくぼ」ほどではないですが、比較的バイカーに人気のある休憩所です。ここは食事も出来ますし、ソフトクリームも食べられます。

道の駅 万葉の里の手前で一度だけネズミ捕りをしているのを見ました。リンク先の消防署を少し道の駅 万葉の里へ行った所です。気をつけてください。

ネズミ捕り注意ポイント2

道の駅 万葉の里 ー 道の駅 あしがくぼ

道の駅あしがくぼへ向かうルートは二つあります。国道299号か、道の駅 万葉の里から少し戻って右折して県道71号かです。今回は国道299号を通るルートにしておきました。

国道462号から左へ曲がって入る国道299号は山の中の峠道なので、比較的薄暗くタイトなコーナーが多いです。峠道を抜けると、今度は気分の良い田園風景や村の中を緩やかに降りていく感じで僕はとても好きです。

そこをしばらく走るとバイクの街 小鹿野を通過して秩父の街へと入っていく感じです。小鹿野にはいくつかレストランがあるので、きちんとした食事をしたいのであれば、この辺で探すのも手ですね。

ちなみにもう一つのルート県道71号を通ってあしがくぼへ向かう場合ですが、峠道だけで言えば、ちょっと路面は粉っぽいですが覆いかぶさる木も少なくて全体的に明るく、僕はこちらの方が好きです。ただ、峠道が終わった後の道は国道299号の方が好きなので、一長一短ですね。

実はもう一つ県道282号線で秩父に向かうというルートもあるのですが、ストリートビューで見る限り、とても狭く、道も荒れているようなので僕は走ったことがありません。もしかしたら原付などでゆっくり走りたい人には交通量も無くていいのかもしれません。

今回のルートの終点、「道の駅あしがくぼ」はレストランもありますし、ソフトクリームもあります。週末はたくさんバイクも来ますので、他の人のバイクを見ているのも楽しいですね。

最後に

どこからアクセスするかでどこから出発するかは変わると思うので、ご自身の都合の良いようにルートをアレンジして下さい。

それでは楽しんで行ってらっしゃい。






Photo by Harley-Davidson on Unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました