嫌い?面白くない?失敗しないバリ島の本当の楽しみ方

Funeral parade Travel
この記事は約18分で読めます。

バリ島は人気の観光地で毎年もの凄い数の日本人が訪れますが、中にはクタ辺りだけで過ごして日本に帰国後にバリ島の何が良いのかさっぱりわからないと言う人や、バリ島が嫌いになる人もいるようです。これは完全に誤解だと思うので、バリ島の一体何が良いのだろう?と思っている方へ、バリ島の本当の魅力やバリ島でのオススメの過ごし方を書いてみようと思います。

嫌い?面白くない?失敗しないバリ島の本当の楽しみ方

実は僕が思うバリでの過ごし方と、多くの日本人がバリ島でしていることにかなりのギャップを感じています。なぜそう思うのかというと、僕がバリ島で訪れる場所にはほとんど日本人がいないので最初はバリ島にはほとんど日本人はいないと思っていたのですが、ある時、僕があまり行かない、あまり好きでは無い場所にたくさん日本人がいることを発見したのです。レストランで偶然出会った日本人のガイドをしているバリニーズに日本人がバリ島で何をしているのかを聞いた事があるのですが、へー、ちょっとそれはもったいないなぁ、と思った次第です。

なぜ僕と他の日本人旅行者にこうしたギャップが生まれたかというと、僕が旅行会社のツアーに一度も参加したことが無いからだと思います。昔から航空券だけを買って、現地に到着してからあとは自分で全てやってきました。最近ではネットで何でも出来ますから事前にある程度リサーチして予約していくことが多いですが、以前は行き当たりばったりでした。何度かバリ島を訪れていますが、その度に過去の経験から、じゃ、今回はこうしよう、と徐々に広げていった感じです。方や、面倒がったり失敗を恐れて旅行会社のツアーに参加するだけですと、やはりそれは僕みたいな臭覚だけで好きに歩き回っている人間とは全く違う行動パターンになるようです。これからも大半の日本人旅行者はツアーに参加し続けると思いますが、中には疑問を感じている人もいるでしょうから、そういう人向けに情報を発信しようと思います。

バリの魅力

そもそもバリ島の魅力とは何でしょうか。西欧の旅人がバリに訪れるようになった理由はサーフィンとバリ独特の文化でした。バリの海は比較的波が高くサーフィンに良いので、地理的に近いオーストラリア人を中心にサーファーが集まってきたのではないかと思います。外国から人が集まれば自然と宿泊施設やレストラン、カフェ、バーが立ち並ぶようになります。海沿いの町が栄えたのはそれが理由です。バリ島はビーチリゾートの島と言われていますが、いわゆる海水浴にはちょっと波が高いし、タイの島のような真っ白な砂浜という感じでもありませんから、僕にとってはいわゆるビーチリゾートとは少し違う感じがします。どちらかというとサーファーの街ですね。

それとは別にウブドには王宮があり、独特のデザイン、建築、ダンス、音楽があります。バリの人の正装や女性の身のこなしも気品があって素敵です。それに合わせてバリ ヒンドゥには日本と同じようにたくさんの神がいて、バリの人は今でも敬虔であり、島のあちこちでたくさんのセレモニーが行われていてとてもスピリチュアルな感じがします。以前、泊まっていたゲストハウスのすぐ近くのお寺に沢山のバリニーズが正装して集まっていました。宿の女の子に何が始まるの?と聞くと、これからご先祖様が霊界から降りて来ると言いました。しばらくすると、まるで演劇のように大きな声で話し声や笑い声が聞こえて来て、トランス状態かなと思えるような声もして来ました。きっとあれがご先祖様が霊媒に乗り移って話しているのだと思いました。今でもバリの人はこういうことをしているんだな、と感心しました。先ほどの女の子に中に入れる?と聞くと、そんな、とんでもない!といった風に首を横に激しく振りました。

また、バリの人にとっては葬式が人生最大のイベントで、誰かが亡くなると道をたくさんの人が楽器を鳴らしながら練り歩き、死者を火葬場まで連れていきます。外国から来た人達は滞在中何度もその行進に出会うわけですから、その度に足を止めて見入ったのだと思います。僕も葬式の行進と出会う度に足を止め、山車に飾られた亡くなった方の写真を見ては楽器の音を聞き、行進が通り過ぎるまでしばらく眺めています。この感じが60年代の精神の解放を謳うヒッピー文化と結びついたのは容易に想像がつく事で、ヒッピーとバックパッカーが合わさるとバリ島が聖地となるのも肯けます。ヨガがバリ島で人気なのも、そういうスピリチュアルなことに関心のある人たちがバリ島でヨガを始めたからだと思います。ヨガとバリ島は相性が良かったわけですね。一番上の写真がその葬式の行進の写真です。

大雑把にいうとバリの魅力とはこんな感じです。僕はサーフィンは挫折しましたので(笑)、バリ島の文化とそこに集うボヘミアンな人々に惹かれました。それに加えて、バリだけに限りませんがバリ島は島ですから鶏や牛がその辺を歩いている島独特ののどかさも魅力の一つでしょうし、熱帯雨林のジャングルも秘境な感じがして、東南アジアの外から来る人にとっては魅力的に見えるというのもあると思いますし、これだけ面白いのに物価が安いというのも魅力のひとつだと思います。

A view in Bali

ここまで読んでもらえると、クタ辺りの繁華街で多くの時間を過ごした方には全く別世界の話に聞こえるかも知れませんが、本当のバリ島というのはこういう感じで、もちろん今でもそうですし、僕が思うバリ島もそうです。ただ大分開発されて人も車も劇的に増えましたので、そうでは無い場所も沢山出来ました。もしそう感じなかったのであれば、それは観光事業と、仕事とお金を求めてバリ島の外からやって来たインドネシア人達が作ったバリ島で、昔から多くの旅人を惹きつけて来たバリ島とは少し違う場所だと思います。

1969年に国際空港が出来て大量に観光客が押し寄せることによって開発が進んで、長期滞在者向けの素敵なヴィラ(郊外にある大邸宅、別荘)がたくさん出来たというのも魅力になっていると僕は思います。観光開発は負の側面も多いですが、より良い方向に向かうこともあります。僕はヴィラは素敵だなと素直に思い感銘を受けましたが、そんなヴィラも昔ながらのバリ島を愛する人にとっては実は負の側面なのか知れませんが。それでも東京の狭いワンルームマンションに住むのと同じくらいのコストで日本にはなかなか無い素敵なデザインの、壁の無い広々としたヴィラに住むことが出来るのは凄いことだと思います。多分西欧から来た建築家がデザインしたものだと思うのですが、これを日本で探すのは難しいでしょうね。

living room of villa
a view from living room of villa

世界中から人が集まってきて長期滞在、または永住しているので、そういう人達が集まってコミュニティを作っていますから、そういうコミュニティーに接触出来れば他の場所では得られないような経験が出来るということもあると思います。サーフィンやバリの文化が外国からバリ島へ大勢の人を呼ぶようになりましたが、昔からバリ島はボヘミアンな人々、自らの国を出て楽園を探している人達が集まる場所でした。それだけバリ島には魅力があり、ちょっとした旅行の短期滞在では収まらないものがあるということです。クアラルンプールで東南アジアを現地で働きながら旅しているドイツ人のお母さんと十歳くらいの息子に出会ったのですが、早速バリ島の話をしました。バリにはあなたみたいな人が沢山いるよ。ぜひ行ってみたら良いよ、と。バリ島の魅力というのはこんな感じだと思います。

旅行会社がオススメするバリの過ごし方

一方、日本の旅行会社が勧めるバリ島の遊び方とはどんな感じでしょうか。当然商売ですからお金にしないとなりませんので、大きなホテルに泊まって、素敵なところで食事をして、エステでリラックスして、店が立ち並ぶストリートでお買い物をして、合間にバリのダンスや音楽を堪能して、豪勢なビーチレストランで食事して、全ては送迎付きってそんな感じだと思います。カタログに分かりやすく目を引くメニューを並べてお得な値段を提示します。もちろん、それぞれのホテルやレストラン、エステ、ダンスや音楽の会場、お土産を買うお店とは契約を交わしていてマージンを取っているでしょうし、例え面白い場所でもキックバックが無いところへは商売上連れて行きたくないということもあると思います。それでもこういう豪勢な旅行を日本より安く堪能出来るというのが魅力だと言うかもしれませんが、安い事だけがバリ島の魅力では無いです。もちろん安い事も魅力ですが、それならタイでもマレーシアでもいいじゃないかということになります。旅行会社は決して郊外の小さい村や散歩道へ自分でバイクでも借りて行ってきたらどうですか?とは言わないわけですが、実はまさにそれこそがバリ島の魅力を感じることが出来ることだと僕は思っています。

僕のオススメするバリ島での過ごし方

どこを本拠地にするか

それでは冒険の旅を始めましょう。まずはどこかに本拠地を置いて、必要に応じて遠征するというのがいいと思います。ではどこに本拠地を置くかなのですが、初めてのバリ島ならウブドがいいかなと思います。バリ島にはいくつか主要な場所があるのですが、バリの文化が色濃いのはウブドです。どこに本拠地を置いても結局はウブドに音楽やダンスを観に来ることになると思います。ウブド以外で探すなら、静かな海が好みならばサヌールもありだと思いますが、僕ならチャングーです。チャングーについては別記事を書きましたので、良かったらそちらを読んでみてください。

バリ島で最近人気のチャングーでの遊び方

一番栄えているクタやレギャンはどうかといいますと、相当ゴミゴミしていますし、交通渋滞は凄いですし、集まっているインドネシア人はとにかく観光客と接触して一攫千金を狙っているような人が多いです。東南アジアの大都市よりも酷い状況と言えると思います。そういう猥雑な感じが好きな人もいるでしょうが、わざわざバリ島に来ているのであればバリ島らしさを楽しんだ方がいいと思います。ただ、普通に良いレストランやナイトクラブはたくさんありますので、そういうものが必要なら、そこに滞在するのではなくて、その都度出かけていけば良いかなと思います。

宿探し

AirbnbかBooking.comで中心地から少し離れた場所に宿を探します。ウブドであれば、王宮(Ubud palace)より西側か北の方が自然豊かで落ち着けると思います。正直ウブドも、中心地の主要な道路は猛烈な交通渋滞で人も多いですので、そこから少し離れた方がいいと思います。少し離れるとすぐに静かになりますし、緑がたくさんで景色もいいですし、ぜひ少し郊外でバリを満喫してください。予算があるならヴィラに宿泊するのがいいと思いますし、予算が少ないならAirbnbやBooking.comで安い順にソートして気に入ったゲストハウスを探せばいいと思います。僕の経験ではAirbnbの方が安いことが多いです。以前Airbnbで安いディールを獲得するための方法を書きましたので、興味のある方は読んでみてください。

Airbnb必勝法

移動手段

移動手段としては、やはりバイクを借りて自分で運転するのが最強です。自分であちこち自由に移動した方が楽しいですし、何となく見つけた素敵な場所や出来事というのはたくさんあるものです。道すがら何でもない場所でしばらく景色を眺めることも自由に出来ます。適当に目的地を設定して、その道中を楽しむことが出来るのもバイクです。あちこち走っていると、バリ島はそっけない時もありますが、想像以上に応えてくれる事が意外と多く、それがバリ島の凄さでもあります。以前バイクに関する記事を書きましたので、下にリンクを貼っておきます。ウブドであれば徒歩でも街の中を歩けますが、それだけではもったいないので、町の周辺や郊外へぜひ出かけてみてください。もし自分でどうしてもバイクを運転したくなければバイクタクシーという手もあります。バイクなんて冗談じゃない、どうしても車が良い、ということであれば、GrabやGojekのシェアライドもいいと思いますが、その場合はSimカードかポケットWifiを手に入れて、スマホでインターネット接続する必要があります。自転車を借りる事も出来ますが、値段はバイクとそれほど変わりませんし、ウブドは山ですので自転車で坂を登るのが好きな人以外はオススメしません。面倒なことが嫌なら宿の人に車をチャーター出来るか聞いてみてください。無下に断ることは無いです。必ずどこかから人を連れてきてくれると思います。全ては交渉でなんとでもなるのがバリ島です。それを象徴するのが、以前20代のイギリス人女性二人組と三人で歩いている時に、前を歩く彼女達が突然道の脇で車を洗車しているバリ人と交渉してタクシーとして使おうとし始めました。バリ島は交渉すればなんとでもなることは知っていましたが、流石にこれには少々ビックリ。結局交渉はうまくいって、ほら、日本人、サッサと乗りな!ってな感じで車に乗り込む彼女達を見て、流石の僕も呆れながら後部座席に乗り込みました。要は相手が納得して、いいよ、と言ってくれればそれでいいわけです。意外とこういう場面で自分の無意識の壁というのに気づかされることってありますよね。

バリ島でレンタルバイク

Honda Vario

過ごし方

これで泊まるところと移動手段が解決出来ました。あとは何をするかですね。何もしないというのも一つの選択肢ですが、ずっと宿にいるというのもつまらないでしょうから、近所を散歩したりバイクで走ってみて素敵な景色を探してみたり、偶然にセレモニーに出会してみたり、または面白そうなカフェやレストランを覗いてみるといいと思います。僕もウブドの好きな散歩道を歩いているときに田んぼの中にポツンと大きな家を発見して、そこで行われているヨガのクラスに翌朝早起きして参加したことがあります。参加したヨガ教室のリンクを下に貼っておきます。そういう感じで街を歩いていて何か面白いものを見つけることもあるでしょうし、グーグルマップ でいくらでも情報が拾えますから、積極的に活用しましょう。誰かと話をしてみるというのも面白いエンターテイメントだと思いますし情報交換も出来ます。英語がある程度出来ればいろいろな旅人と話が出来ますが、英語がダメでも他の日本人や日本語をしゃべることが出来るバリニーズもいますので、そういう人とおしゃべりしてみるのもいいと思います。日本語を喋るバリニーズは向こうから積極的に話しかけてくるので、こちらから探す必要はありません。なぜ彼らが話しかけてくるかというと、まぁ、遊び半分で、もし商売に繋がったら儲けものって感じですね。僕は一番最初のバリ旅行の時は、こうやって話しかけて来たバリニーズに車であちこち連れて行ってもらったことがあります。まぁ、商売にうまく繋がったわけですね。片言の日本語の場合は別にして、きちんと日本語を話せるバリニーズは、みんながみんなガツガツとセールストークをするわけではなく、基本的には気軽なおしゃべりですので、何か適当に話してみたら面白いと思います。直近だと、レストランで出会ったバリニーズと日本語でビジネスの話をしました。こうしたおしゃべりをエンターテイメントと考える日本人は少ないと思いますが、意外と後に思い出すのはそういうたわいも無いおしゃべりだったりしますのでオススメです。お互いにしがらみなく話せますので意外な真実に出会うこともありますし、意外や意外、それが人生を大きく変えてしまうかもしれません。

散歩やカフェに飽きてきたら、何かのツアーに参加してみるのも良いと思います。ツアーというのは参加者を募って、一緒にどこかに行ったり、何かをしたりするということですね。内容は色々あって、山にハイキングに行くツアーやオフロードバイクで森の中を疾走するようなツアーもあります。街を歩くとそういうツアーを紹介して予約してくれるスタンドがありますので、そこでパンフレットを見て予約出来ますし、事前にインターネットで探して予約しておくのもいいと思います。大抵は宿まで車で迎えに来てくれます。ネットで探すときは英語で探すとたくさん出てきます。バリの人も頑張って英語で情報発信してくれていますから、こちらも頑張ってチャレンジしてみてください。僕は自転車のマウンテンバイクのツアーに何度か参加した事があります。少々体力を使いますが、バリ島のいろいろな場所を本格的なマウンテンバイクで走れますし、一緒に参加している他の観光客とも話が出来て面白いです。ツアーには普段マウンテンバイクを趣味にしている人もいれば、初めてマウンテンバイクに乗る人もいますし、走るコースによって難易度も違います。僕が数年前に利用したツアー会社を下に貼っておきますので、興味ある人は見てください。体力に自信の無い人向けの自転車ツーリングもあって、山の上の方まで車で連れて行ってくれて、ガイドと共に坂道を自転車で延々と降ってくるというのもあります。田園風景や村の中の車が少ない道を選んで走ってくれるので楽しいです。他にも色々とありますから、好みに合わせて選ぶと良いと思います。

見つけたヨガスタジオ(Ubud Yoga House)
MTBツアー(Infinity Mountainbiking)
MTBツアー(Bali trail blazers)

Ubud Yoga houses

夜はバリのダンスを見に行ってもいいですし、何か催しをやっているバーやレストランに出かけてもいいと思います。昼の散歩の時にチラシや看板で見つけてもいいですし、ネットで事前に探しておいてもいいでしょう。バンドの生演奏をやっているバーやレストランはいくつかありますし、たまにオープンマイクをやっているところもあります。オープンマイクとは誰でもステージに上がって自分の一芸を披露出来るというイベントです。楽器を演奏してもいいし、コメディをやってもいいし、ダンスでもいいです。一芸がある人は自らステージに上がっても良いですし、単純にエンターテイメントとして酒の肴にしてもいいと思います。世界中から観光客が集まっていますから、意外と芸達者な人というのはいるもので結構楽しめます。ギターやドラムみたいなバンドで演奏出来る楽器を出来る人は僕が以前行ったジャムセッションをオススメします。以前書いた記事のリンクを下に貼っておきます。これから下で紹介するヨガ教室のヨガバーンでもバリらしいスピリチュアルなワークショップをやっている場合がありますので、そういうのをチェックしてもいいと思います。

バリ島でジャムセッション

Bali Bohemia

ウブドのオススメの場所

具体的にウブドのオススメの場所を書いておきます。下に挙げるバーやレストランは食べ物が美味しいという普通の意味ではなく、何かしらのイベントをやっていたり、日本には無い面白さだったり、バリ島ならではのボヘミアンな感じがする場所を選んでいます。

  • バリ ボヘミア(Bali Bohemia Restaurant)
    ここはライブミュージックやオープンマイクが面白いです。リンク先でスケジュールをチェック出来ます。二階席は少し面白い作りになっていて、二階から一階のステージを見下ろせるようになっていますが、ちょっと俯瞰した感じになるのでなんとなくステージを眺めるのにはいいのですが、ちゃんとステージを見るには一階の方が良いかなと思います。上の写真がここの二階からステージを見下ろした眺めです。人気のあるステージだと店の外に人が溢れて、立ち飲みのバーのようになります。立ち飲みスタイルですと他の客に話しかけやすいので、誰かと話したいならここはオススメです。
  • Campuhan Ridge Walk
    入り口はちょっと不安になりますが、尾根道を歩くので景色が良いです。脇の草むらに入っていくと、所々草が潰されているところがありますので、あー、カップルがここで寝転んでいるんだなぁ(笑)と、どこの国の人も同じだなと、ちょっと親近感を感じます。途中カフェもありますので疲れたら景色のいいカフェを選んで軽くお茶しても良いですね。
  • ヨガバーン(The yoga barn)
    有名なヨガスタジオです。かなり大きな施設で誰でもヨガが出来ます。普段のヨガ教室の他に色々なワークショップやイベントもやっていますのでサイトでチェックしてみてください。蝋燭の明かりだけのメディテーションや、参加者で輪になって隣の人の気のエネルギーを感じるというワークショップも過去にはありました。こういうのはとてもバリらしいと感じます。ヨガに全く興味ない人でもバリ島でヨガというのはハワイでサーフィンみたいな一つのスタイルですから、折角ですのでチャレンジしてみるのも一興です。
  • アカーシャ(Akasha Restaurant & Juice Bar)
    ここは建築が凄いです。田んぼの中にポツンとあるレストランなのですが、建物だけでもかなり楽しいです。リンクを貼ったFacebookにイベント情報がありますので、食事ついでに参加してみるのもいいと思います。夜になると周りの田んぼは見えなくなりますので、夜に行くにしても夕方の明るいうちに行って、少しでも景色が眺められたらいいなと思います。
  • 無名の散歩道
    ここは偶然見つけてよく散歩していた素敵な道なのですが、調べてみると道に名前もなく、散歩道としても地図には出ていません。車の入れない狭い道で田園風景が広がり、道の左右にレストランやカフェが点在しています。道を歩いていると鶏が小さい蛇と戦っているところに出会したり、たくさんのカモが田んぼで餌を啄んでいる姿が見られました。ウブドのメインストリート(Jl.Raya Ubud)から程近い場所なのですが別世界です。バリで知り合ったフランス人の女性もここを毎日散歩していると言っていました。ただ次々に新しい店や宿泊施設が出来ているので、毎年少しずつ変わっている感じがします。上記で紹介したUbud Yoga Houseもこの道を散歩している間に見つけました。下に地図を貼っておきます。Aから入ってBに向かっていくのですが、段々と店が少なくなって寂しい感じになっていきますので、適当なところで折り返してください。ウブドのメインストリートからこの道に入る場所の写真を貼っておきますので、この辺に行って写真の入り口を探してください。なんの案内もない散歩道なのですが道の途中に宿泊施設もあり、意外と観光客も多いです。

最後に

いかがだったでしょうか。自由旅行のススメみたいになってしまいましたが、結局はバリ島を楽しむにはパッケージツアーから自由旅行へと切り替えないと難しいと思います。自由に旅することが好きな人にとっては万国共通の旅の仕方ですが、人によっては自分で色々と予約したり交渉するのは敷居が高く感じるかも知れません。英語も出来ないし、面倒だから誰かにやってもらいたいと旅行会社に頼む気持ちはわかりますし、それもありだと思いますが、なんでも任せてしまうと結局全てが受け身になって、ただ相手の都合の良い場所に連れて行かれるだけになります。ツアー会社は顧客の満足度と売り上げを常に天秤にかけているわけで、顧客の満足度だけを考えているわけではありませんから、自然とバリの魅力から離れていくのも当然だと思います。やはりバリ島を楽しむにはほっつき歩くのが一番です。旅人の臭覚を生かして貪欲に楽しいものを探していく。それに尽きると思います。旅慣れていないと失敗するのではないかと考えるかも知れませんが、それも含めての旅で、それはそれであとでいい思い出になります。失敗談もそれはそれでちょっとした笑い話や武勇伝になり得ます。少なくとも自分でチャレンジしたわけですからたまには失敗もしますし、それをまた次回に生かせばいいだけの話です。

英語やインドネシア語が出来なくても今はネット予約やネットの辞書、翻訳等いろいろ便利なものがありますから、あとはやる気だけの問題です。人の手を借りなければならない理由はもう無いのです。例えば流暢に英語を喋っているように見えるイタリア人やフランス人も、よく聞いてみると実は片言の英語でなんとかしているだけで、彼らは常に自信満々なのでわかりづらいですが実は我々と同じ状況です。伝える気持ちが強ければ鍵になる単語を言えば最終的にはなんとかなりますし、多少予定と違っても笑い話にすればいいだけの話です。

エステや買い物、少し高級なレストランというのは別にバリ島に来なくてもあるものですので、それに時間を費やすのはもったいないです。ぜひ、バリの文化やバリ島にいる人達との交流を楽しんでください。エステや買い物で終始し、クタの大混雑の中だけにいた人は多分もうバリ島には来ないでしょうが、バリの文化や、そこにいる人々で楽しめた人はまたバリ島に来ることになるかもしれません。それくらい全く別の世界と言えますので、ぜひ素敵なバリ島の方で時間を過ごしてもらえたら、これを書いた意味もあったかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました